葬儀中のトイレは、遠慮せずに早めに

気にせずに葬儀中でもトイレに行く

気にせずに葬儀中でもトイレに行くトイレのトラブルは、誰でも嫌なものです。しかし、大切なときにはそのまま我慢してしまうこともあります。例えば葬儀中の場合には、トイレに行くことが失礼なことだと考えてしまう人も多いです。しかし、そのまま我慢してしまうことで、漏らしてしまうことや、ご焼香の途中でトイレに行ってしまう事は、周囲の人から見てもあまり良い行動ではありません。しかし、葬儀の途中で中座せずに我慢することで、本人の身体に悪影響なだけでなく、周囲にも迷惑をかけてしまうことになる場合もあります。  

葬儀会社に聞いてみれば、途中でもトイレで中座することは大丈夫だと説明を受けることがあります。我慢して大きなトラブルに発展するよりは早めに対応してもらうことが1番良い行動です。参列者であれば、中座することも目立つことなく行なえるものですが、それが遺族であり、喪主になると簡単には中座できないものです。特に読経中では、必ず見なければいけません。お経の時に喪主だけが行わなければいけない儀式も宗教の宗派によっては存在しているためです。そのためできるだけ始まる前にトイレをすませておくことがトラブルに発展しないために大切なことです。

葬儀中にトイレに行くことで目立ってしまうといった理由で簡単に行動にうつせない人もいます。しかし、中座することが禁止されているわけではないため、我慢できない場合には速やかに行く事にしましょう。通夜のときでも長ければ1時間程度かかってしまうことになり、告別式や葬儀のときにはさらに時間がかかるものです。そのため、静かに出て行くというマナーだけは守って退室するようにすると良いでしょう。  

子供連れの場合は、子供を葬儀中に静かに座らせておくことだけでも大変な重労働となります。小さな子供の場合には静かに座っていることも長くはできず、ウロウロ動き回ってしまう子供を追いかけることもできないものです。加えて、子供がトイレに行きたくなったときには、両親も一緒に中座しなければいけません。このようなトラブルをなくすためにも、小さな子供は葬儀に参列させないようにすることも必要になります。しかし、祖父母との最後のお別れになる場合にはやむを得ず参列することになります。その場合でも事前に何度もトイレに行く事を忘れないようにしたいものです。子供でもトイレの失敗はトラウマになり葬儀が行われる場合や法事が行うときに思い出してしまい参列を嫌がる場合があるため、注意することでトラウマにならないようにすることができます。

最新記事